読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛でたい人生

もうすぐ30歳

走り出したくなった

彼とは知り合って数日が経っていた。


私たちは2日前から、頻繁にメッセージを送り合うようになった。
お互いの仕事の話もそこそこに、好きな分野、関心のあることをシェアしていくとそのひとつひとつに私は共感できた。彼も同じように感じてくれていたらいいな、とソワソワしていた。

 

私の発する言葉に、確かな言葉を返してくれる。
しょうもないやりとりが楽しくもあったし、それでもなぜか会話は真面目なトーンになりがちで、そんな自分たちを愛しく思ったりもした。

 


彼は忙しい仕事の合間にも、ふとした瞬間に私のことを考えてくれているのがわかる。嬉しかった。彼の発する言葉もまた、私の心や思考にじんわりと染み込んでいった。


時には記事を引用しながら知識や考えを分け与えてくれる。あーんと食べさせてもらいながら咀嚼して、何だか私まで賢くなった気がしていた。

 


「お仕事、終わったーー」
水曜日の午後、 そのメッセージを見て私は走り出したくなった。


「私がうっかりそっちに行かないように説得してください…!」


「会いたいなあ」

 

他の男性と違って、少し控えめなコミュニケーションをゆっくり愉しむような印象があっただけに彼の率直な気持ちが刺さって、私はひっくり返りそうになった。


さっきまで向かい側に座って本を読んでいたのに、いつの間にか腰を抱かれているようなそういう距離の縮め方がたまらなかった。思い出すだけでドキドキする。



感情が揺さぶられる。
会いたい、例えそれが彼の冗談だったとしても、もうすぐ30歳になる私にこんなときめきをくれてありがとう…本当にそんな気持ちだった。舞い上がっている私は情けなくもあり、久しぶりに生きている実感があった。

 


この日は言葉のやりとりだけではどうしても足りなくて、私は大きくうねる想いをいっそ彼にぶつけてしまおうと思った。

 

好き。どうしてこんなに惹かれるんだろう。彼をびっくりさせたい、それでもきっと、彼は私を受け止めてくれる。メイク道具は持っていたっけ。とりあえずマゼンタのリップを塗り直して地味な顔に少し血の気が戻った。

 

都心のタクシーは初乗り料金が410円に引き下げられて間もなかった。
「短い距離ですみません…!」考えを溢れさせながら、珍しくタクシーに乗り込み駅に向かっていた。

 

刹那的な衝動だと言われたらまさにその通りだけれど、確信があった。顔は写真でしか知らない。それでも彼が好き。とても好き。この気持ちに間違いはない。

 

素直な性格で良かった。そういえばこれまでだってそうやってひらめきを信じて生きてきた。
恋をしている自分はかわいいもので、先週までの当たり障りのない生活が嘘のように私ははつらつとしていた。

29歳の私に80歳のお友達が出来た話

GW1日目の4/29、私は新宿三丁目で用事を済ませて歌舞伎町のバス停に立っていた。

 

大ガードの下でたまたまデモがあったようで、10分以上遅れてやって来たバスは乗り込むとひどい混雑だった。私はiPhoneで音楽を聴きながら窓の外を見ていたのですぐ気がつかなかったけれど、後ろに杖をついた女性が立っていた。

 

「荷物を置かせてもらえるかしら?」と声を掛けられハッとして目の前のスペースに女性の手荷物を3つ置いた。

 

「どちらまでおいでになりますか?」と尋ねると私が降りるのと同じ停留所だった。

 

「あなた背が高くて髪が短くて男性かと思ったのよ。そうしたら綺麗なお嬢さんだった!」と笑う女性は紺のテーラードジャケットに白いパンツ、スカーフを巻いてハットを被っていた。とてもお洒落だった。世間話をしていたら目の前の席が空いたのでそこへ誘った。

 

途中道路工事があったりで車内も道も混みっぱなし。ようやく着いた目的地、降りるときに手を貸して2人でゆっくりステップを降りた。
家族と待ち合わせをしている店へ向かうと告げると女性もたまたま同じ方向を目指していた。

 

「私には15も上の姉がいてね、この先の〇〇っていう養護施設にいるのよ。今日は姉の誕生日だからここまでやって来たのよ。」と笑う様子がとてもチャーミング。腰の曲がったおばあさんが荷物を持ってバスに乗り訪ねてきた苦労に思いを馳せた。

 

「15歳上の…?」と私が驚いていると「おばあさんで恥ずかしいわ!姉は95なのよ。私ももう80だから。」と教えてくれた。私もこんな風にかっこいい女性になりたい。おしゃれして出掛ける可愛いおばあちゃんになりたい。


「お姉さんお誕生日おめでとうございます!ちなみに私も明日29歳の誕生日なんです!」と思わず言ってしまった。あらま〜!と喜んで握手してくださった。「あなたみたいな若い方に親切にしてもらって本当に嬉しくて楽しかったわ!」と言って別れた女性の背中を少しの間見送った。私も楽しかったし、もっとお話したかったな〜と素直に思った。

 

家族と合流した後でスーパーの中にあった小さな花屋さんで小さなブーケを買った。メッセージカードの用意は無く、仕方なくたまたま一枚持っていた名刺の余白に“お誕生日おめでとうございます!”とだけ書いた。


 

教えてもらった施設はすぐ先で、家族にも着いて来てもらって受付に向かった。「おそらく15分くらい前にこちらへ訪ねていらした、杖をついた女性とたまたまバスで知り合って、こちらにいらっしゃるその方のお姉さんがお誕生日だと聞いたので…もしご迷惑でなければお花を届けてほしいのですが。」と伝えた。

 

「面識のない方からの訪問はちょっと…それにその女性がどなたなのかもすぐはわからないし…」と受付の女性は困った様子だったけれど、カウンターには来訪者は全員記入する用紙があった。訪れた人と入居者との関係や来訪時間がわかるようだったので「もちろん個人情報はわからなくて良いので、このお花だけもし良ければぜひ…!」とだけ伝えて外へ出た。


それから3日後の5/2、黙々と仕事をしていた夕方、打ち合わせから席へ戻るとデスクに封筒が置いてあった。ハッとした。達筆な宛名書きを見て手紙の差出人にピンと来たから。嬉しくて心臓がドキドキした。思いつきだったけどお花を届けて良かった。ちゃんと言づけしてくださった施設の方にも感謝した。

 

封を開けるとフランスの画家ニキ・ド・サンファルの鮮やかなカードが入っていてあの時の女性のスカーフの色を思い出した。


 

手紙にはお姉さんがお花を喜んでくださったこと、バスで出会ってから20分くらいの私とのやりとりが嬉しかったこと、ご自身のことがたくさん書いてあって本当に嬉しいお便りだった。


 

メッセージの最後は「This is a love letter for you! キモチワルイ」と締められていて笑ってしまった。可愛い!

29歳の誕生日を迎えた私に80歳の素敵なお友達が出来た。